NiziUリクの矯正経過を画像比較!口ゴボ・横顔治ったのは抜歯?

NiziUリクの矯正経過を画像比較!口ゴボ・横顔治ったのは抜歯?NiziU

NiziUのメンバーの中でも虹プロ時と比べると垢抜けたとの声も多いリク。

虹プロ時やプレデビュー時には”口元が気になる”、”口ゴボでは?”と言われていた時期もあったようです。

ですが、口元の矯正をしたことで以前よりも可愛いとの声が増えた印象がありますよね!

そんなNiziUリクの口元矯正の経過を画像で比較しつつ、口ゴボが治った理由を紹介していきます。

>>リクなどNiziUメンバーの歯並び矯正ビフォーアフターまとめ

NiziUリクの矯正経過を画像比較

NiziUリクは小顔でとても可愛らしい顔つきをしていますよね。

ですが、リクが虹プロに出演していた頃から”口ゴボ”が気になる、口元がもっこりしているといった声がネット上で上がっていました。

口ゴボとは、唇を閉じた状態で、横から見たときに口元がポコッと盛り上がっている状態を指します。 顔貌の美しさにはさまざまな定義があり、一概に決められるものではありませんが、口ゴボはその基準の1つである「Eライン」とは逆の状態です。

引用元:かねだ矯正歯科

口ゴボの要因は先天性のものと後天性のものの両方があるようですが、口ゴボで悩んでいる方は少なくないようです。

実際にネット上でも自分の口元が気になるという声が複数見られました。

 

芸能人は歯が命と言われるように、口元が顔全体に与える印象は大きいですよね。

NiziUリクはデビューが確定してから徐々に口元の印象が変わってきたように思います。

そんなリクの口元矯正の経過を画像とともに紹介していきます。

 

NiziUリクの矯正経過:虹プロ東京合宿

これはリクの虹プロ東京合宿のときの画像です。

口元が少し小さく写っていますが、口全体が少し前に出っ張っている状態です。

この左側の画像が東京合宿時のリクの横顔です。

横から見ると上唇、下唇が前に出ているのが分かりますね。

 

NiziUリクの矯正経過:虹プロ韓国合宿

虹プロ韓国合宿でも口元が少し出ているのが分かります。

デビューメンバーが決定していない状態なのと、数カ月間の合宿のため歯列矯正はしていないと思われます。

 

NiziUリクの矯正経過:プレデビュー(2020年6月)

2020年6月のプレデビュー時も口元の印象はあまり変わっていないように思います。

ただ、Make you happyのMVや画像で口元の出っ張りがあまり気にならないような角度で撮影していたのかもしれませんね。

また、リクのデビューが確定した後から歯列矯正そのものは始めていた可能性もありそうです。

 

NiziUリクの矯正経過:スッキリ出演(2020年9月)

2020年9月のTHE MUSIC DAY出演に伴って出演したスッキリの映像では、「下の歯を矯正してる!」との声もネット上でありました。

リクが口を大きく開けたときに矯正器具が見えたようですね。

上の歯に関しても矯正中だった可能性が高そうです。

口元の印象に大きな変化はありませんが、歯並びが綺麗になってきてる?との声は複数見られました。

 

NiziUリクの矯正経過:デビュー(2020年12月)

NiziUのデビュー曲『Step and a step』のMVの一場面です。

歯の矯正器具は見えませんが、右の映像は上から撮影しているせいか、まだ少し口元が出っ張っているように見える気がします。

 

NiziUリクの矯正経過:SuperSummer(2021年7月)

評判が高かったリクのSuperSummerのビジュアルがこちらです。

デビュー時から半年ほどたち、口元の印象が変わってきたように思います。

口を閉じても違和感がなく、横顔でも口元が虹プロ出演時と比べて大分引っ込んだ印象です。

 

NiziUリクの矯正経過:Chopstick(2021年11月)

演出が話題になったChopstickですが、このころにはリクの口元がさらに引っ込んで、綺麗なEラインに近くなっています。(上の画像の右下です)

口を閉じたときの印象も自然ですよね!

かなり矯正が進んでいるように思います。

 

NiziUリクの矯正経過:CLAPCLAP(2022年7月)

ガールクラッシュな魅力があるCLAPCLAPのリクのビジュアルも大好評でしたね。

口元は引っ込んだ状態で落ち着いていて、横顔のラインもとても綺麗に見えます。

 

NiziUリクの矯正経過:CLAPCLAP以降(2022年7月~2024年)

CLAPCLAP以降のリクの横顔の画像を集めてみました。

どの時点の横顔も鼻と顎を結ぶEラインが綺麗に見えますよね♪

虹プロやプレデビュー時に比べて、リクの横顔が綺麗という声が非常に増えたように思います。

 

NiziUリクはハーフリンガル矯正という方法での矯正だったようですが、全体を矯正する場合にかかる平均的な期間は約2年のようです。

仮にプレデビューの2021年6月からスタートしたとすると、2023年6月までが平均的な期間となりますね。

部分的な矯正だと半年~1年ほどのようです。

リクの矯正経過を見ると、1年以上の期間をかけているように思いますので、全体矯正だった可能性もありそうです。

 

実際のリクの画像を見ると2021年7月のSuperSummerあたりからEラインが綺麗に見え始めたように思います。

さらに1年後の2022年7月のCLAPCLAPでは完全に横顔が綺麗なEラインになっており、その後も出っ張りが戻ることなく安定していますよね。

このことから、口ゴボは治ったと言ってよいのではないでしょうか?

 

NiziUリクの矯正で口ゴボが治った理由は抜歯?

調べてみると、NiziUリクが「歯がない」と言われていた時期があり、抜歯していたようです。

下の画像がとても分かりやすいですが、上の歯が1本分空いているのがよく分かりますよね。

2021年4月頃にはすでに上顎左側4番の歯を抜歯しており、ネット上でもツイートしている人が複数いました。

2022年12月には抜歯した歯の隙間が大分埋まってきたとの声も見られました。

 

NiziUリクは矯正の一環で抜歯したことで”口ゴボ”がかなり改善され、口元の印象が変わったようです。

抜歯したのが2021年4月頃だとすると、2022年12月頃には抜歯した隙間が大分埋まってきていて、2023年2月頃には気にならないほどになったようです。

2年以上の期間をかけて口元の矯正をしたようで、ビフォーアフターの印象の違いにびっくりした人も多くいました。

リクは抜歯とワイヤーによる口元矯正で印象が変わり、ますます可愛くなったと感じた方もいたのではないでしょうか?

NiziUのリマもリクと同じく矯正のために上の歯を抜歯しており、矯正のために抜歯するケースは一般的なようですね。

>>NiziUで矯正済みのリマの歯並び変化を画像比較

 

まとめ

今回はNiziUリクの矯正の経過を画像で比較し、口ゴボが治った理由は抜歯なのかも調べてみました。

時間が経過するにつれてEラインが綺麗になり、リクの横顔が綺麗すぎるといった声も増えたように思います。

リクは虹プロ時に口ゴボでは?と言われていましたが、矯正の一環で抜歯をしつつワイヤーで歯の位置を整えて口ゴボが治ったことが分かりました。

矯正することで日常生活や芸能活動への支障もあると思いますが、絶えず努力し続けるリクは本当にすごいですよね。

今後もNiziUリクの活躍を応援していきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました